人前で話すのが怖い5つの理由

2개월 전

人々は多くの異なる恐れを持っています。 いくつかのより重要なケースは恐怖症に発展し、人々が目標を達成するのを妨げます。 人が持っていると思われる最も一般的な恐怖の1つは、人前で話すことへの恐怖です。

意外かもしれませんが、死を恐れるよりもスピーチを恐れる人の方が多いのが現実です。 理由は簡単にわかります。会話はオンラインで行われるか、通常は1対1で行われます。 聴衆の興味を引く練習をしなければ、そのような仕事に直面したときに必然的に不安を感じるでしょう。 この恐れの理由のいくつかはここにあります:

トピックに精通していない-人々は通常、トピックをよく知らないため、一般の人々の前で話すことを恐れています。 あなたもこの分野で認められた専門家であるとしても、トピックのすべての側面について不確かに感じるかもしれません。 しかし、あなたはあなたが恐れを克服することができることを知っているべきです。 主題について十分な知識を得るには、あなたの側での献身が必要です。 もちろん、常に100%カバーできるとは限りませんが、やがて答えることができるようになります。

十分に練習していない-スピーチの前に十分な練習をすることに関してオプションは何もありません。 落ち着きを取り、提示する方法を学ぶのが最も確実な方法です。 優れたミュージシャン、俳優、アスリートは、ただ現れて自分のことをするだけではありません。 それらの最高のものは何年もの練習に専念します! たとえば、スティーブジョブズのような多くの優れたプレゼンターは、プレゼンテーションの数週間前に練習を開始して、プレゼンテーションのあらゆる側面を釘付けにします。

プレゼンテーションの構造に不安を感じる-プレゼンテーションの構造をレシピと考えてください。 あなたは適切な成分を必要とし、それらの適切な量は、設定されたアクションに従うことによって特定の時間に追加されます。 時間をかけて優れたプレゼンテーションを作成する方法を学ぶことによってのみ、プロセスを採用し、関連する不確実性を防ぐことができます。

失敗の恐れ-失敗の恐れは人前で話すことの恐れに比べて最も近いと考えられています。前者の場合は通常、後者を強化し、しばしば引き起こします。 あなたは別の視点から物事をチェックする必要があります:あなたはあなたが最初に正しくすることから多くを学ぶことはありません。 それは、そのようなことを考え直すことはしばしばスキップされるからです。 しかし、失敗から多くのことを学びます。失敗を再考し、それを引き起こした間違いを修正するからです。 そのため、失敗はタブーではなく、成長する機会です。 間違えても良くなります。

状況への恐れ-危険性は高いです。同僚、上司、そしてあなたが高く評価している他の人々はすべてあなたのスピーチに参加しています。 大勢の聴衆は通常、いくらかの不安を生み出します。

人前で話すことを恐れるこれらすべての理由は、次にソファに話しかけるときに調べるのに十分深刻であると見なされるべきです。
images (7).jpeg

images (7).jpeg

Authors get paid when people like you upvote their post.
If you enjoyed what you read here, create your account today and start earning FREE STEEM!
STEEMKR.COM IS SPONSORED BY
ADVERTISEMENT
Sort Order:  trending

Hello welcome to Steemit world!
I'm @steem.history, who is steem witness.
This is a recommended post for you.Newcomers Guide and The Complete Steemit Etiquette Guide (Revision 2.0) and, recommended community Newcomers Community
I wish you luck to your steemit activities.


(The bots avatar has been created using https://robohash.org/)
@steem.history

My witness activity

My featured posts

image.png
please click it!

image.png
(Go to https://steemit.com/~witnesses and type fbslo at the bottom of the page)