実用的な歯科物語

2년 전

‘歯科’ といえばどんな印象をお持ちでしょうか?

キーン! 子供の頃、あの怖い音、特得のその匂い。

恐怖の場所であり、治療費でも恐怖をもたらすあの場所…

不定的な場所として代表的な場所ですね。

患者として訪ねる立場としては、病院というところはいい印象を与えることは簡単ではないものですが、歯科がもっともでしょう。

診療を受けたがらない患者.jpg

診療する私にも理解できます。母から幼い頃、私が歯科に行くとその病院は大変なことになったと言われたりしました…( ̄∇ ̄;)ハッハッハ

実際に恐怖に震える患者の方が多いです。

子供は言うまでもなく、

怖くて顔いろが真っ青になる患者たち、

その上、せっかく歯科に来たのに口の中が汚いから口を開けたくないとおっしゃる患者さんもいます。

多分、歯科治療を受ける際に、目を覆ったまま、聴覚、嗅覚、触覚だけで状況を見当たるしかないので、患者の立場からは恐怖であると思います。

ならば、歯科に対して、少しでも理解してから訪ねることになるとその恐怖は少しでも小さくなるでしょうね?!

そして、当然のことですが、理解度が高くなると、普段の管理をちゃんとするようになり、歯科を訪ねることも少なくなると思います。

実際、私の場合も歯科大学に入る前までは歯科の常連さんでありました。

面白いことに歯科大学で教育を受けながら、歯科に行くことがなくなったのですね。

スケーリングさえ、10年間する必要がなかったのです。 WOW!

感じられますか?

ほかの科とほぼ同じことだと思われますが、自らの管理と定期的な検診だけでも歯科に対する心配はなくなります。

物足りない投稿ですが、実用的なテーマでコミュニケーションのために努力いたします。

原作: @SMTOP38 실용적인 치과 이야기
翻訳: @sleepcat
※ 메디팀관련 일본어번역은 mediteam의 허락하에 번역되었습니다.
※ meditem関連日本語投稿はmeditemの許可の元に翻訳されました。

Authors get paid when people like you upvote their post.
If you enjoyed what you read here, create your account today and start earning FREE STEEM!
STEEMKR.COM IS SPONSORED BY
ADVERTISEMENT